今の時代は圧着ハガキが

ダイレクトメールには、大きく分けて三種類あると言えます。一つ目は普通のハガキに印刷して送るもの、二つ目が封書に雑誌やチラシなどを入れて送るもの、そして三つ目が圧着ハガキです。この中で開封率及び、中身を見てもらえる可能性がもっとも高いのは、ずばり、圧着ハガキです。なにしろ宣伝のために送ってきたにも関わらず、手に取った時点では何を知らせたいのか、知ることができないからです。詳細は中をチェックなどと書かれていることも多く、ついつい中が気になってしまいます。もちろん、それこそが圧着ハガキを使う一番の理由ですので、気になっている時点でもう、企業の戦略に取り込まれていることになります。とはいえ、めくって開けながら中身を見るのは楽しいに違いありませんので、それなりに楽しみつつ、必要ならば買うというスタンスが今の時代に適しているのかもしれません。

ダイレクトメールなど圧着ハガキで出来ます

今まではダイレクトメールというと印刷会社に印刷を頼みご自分の所で宛先などを張って出す事が多かった手すが、最近では圧着ハガキでの印刷で直接ダイレクトメールの宛名や発送など全て請け負ってくれる業者が増えて来ています。インターネットなどでも、発送までの流れなど詳しく掲載してあります。連絡をするとすぐに見積りを頂けます。出す枚数の多いい場合などは、業者に頼んで全てやって頂いた方のが、自分の所でやる手間などを考えると料金的にも安く出来る場合があります。最近では、広告なども圧着ハガキの中できれいに印刷できますし、ハガキの中を開いて見る事を楽しみにしている方もいるようです。普通のハガキや封筒ですと天気の悪い時など文字の滲みなどを気にしていましたが、圧着ハガキですと水にぬれても文字などの滲みがないので、いつでも安心して出す事が出来ます。

圧着ハガキのメリットを考える

企業ではダイレクトメールとしてハガキを顧客に送る際に、圧着ハガキを利用されるケースことが多いです。その理由は、メリットが高いからです。では、どのようなメリットが企業側にあるのかですが、それは一般的な通常のハガキよりも2倍から3倍の情報量を掲載できる点や送り主だけに知らせたい情報を送れる点、機密性に特化したハガキを送ることができる点などが挙げられます。また、圧着ハガキは情報量が通常のハガキよりも多く掲載できることで、発送するハガキの枚数を抑えることができるために、郵送コストを大幅に節約することができます。郵送コストがかかってしまうと企業としても痛手となりますので、できるだけ効率良くダイレクトメールを出していきたいと考えています。そういう理由から、企業の多くはダイレクトメールを圧着ハガキを利用しているわけです。

ダイレクトメールのデザイン制作、申請手続き、発送代行までOK。DMパックならまるごとお任せ! 福岡本社を始め東京支社、大阪営業所の3拠点を軸に日本全国のお客様の販促活動をサポートいたします! 圧着2ツ折はがき1万部なら1通あたり54.4円! 広告郵便が利用できる2,000部以上のDMを出される法人様に最適のDM印刷、発送代行サービスです。 2000部以上のDMを発送するならDMパックへ。 圧着ハガキのDMの見積ならDMパック