圧着ハガキも機械読み取りのはがれに注意

圧着ハガキとは裏面全体がシールで覆われているハガキです。このハガキを使用するメリットは個人情報がそれを配送する郵便屋さんなどに読まれることを防止できることとなります。さてこの圧着ハガキですが、残念ながらこれは郵便屋さんの窓口では販売されておらず、またそこらの100円ショップなどでもなかなかお目にかかる機会はほとんどありません。ではこれを確実に買える方法はというと、それは通販を利用して大量購入という選択肢となります。多くの通販会社では100枚以上単位の大量購入前提のために、それを買える人はおのずと会社組織関係などとなってしまいます。さて問題なのはこれを購入して作成して郵便屋さんに出す場合です。ここで注意をしないとならないのはその承認基準が厳しくなっている場合があるということです。基準は郵便局によってまちまちだったりしますが、はがき本体の上か左にPOSTCARDあるいは郵便はがきといった文字表記が入っていることとなります。またこのハガキも普通のと同様に機械で番号読み取りしますから、機械による曲げでシールがはがれないように注意しないとなりません。ちなみにその参考基準は1.84kgf/m(18N/m)以上となっています。

圧着ハガキは買ったらさっさとつかえ

圧着ハガキのメリットは大事な情報を書いている面を全体的に見えないようにもう1枚の紙シールで隠していることです。しかしこのハガキは1枚単位では販売されておらず、通販サイトなどで大量購入をしなければ入手できないというデメリットがあります。そのためこのようなハガキを使えるのは費用対効果からしてプライベートな一個人には向きません。さてこの圧着ハガキですが、会社組織などでは会社経費などとして購入できますが、近頃は経費削減対策として余った分は保管して次回に使用しようとするのは当然のこととなります。しかし問題はこのハガキは高温多湿や直射日光に弱いために、その保管期間が長すぎたりなどすると大事な部分を隠すシールの粘着力が低下してしまい、肝心な時にそれが役に立たなくなる場合があるということです。なので少なくても保管期限は約1か月程度にとどめておき、それ以上は危険になるかもしれないことを認識して安全のために廃棄の覚悟も必要な勇気を持たなくてはならなくなります。

圧着ハガキ作成代行業者に依頼するメリット

圧着ハガキ作成代行業者に依頼するメリットは、2つあります。インターネットには、沢山の圧着ハガキ作成代行業者のサイトがありますが、そのサイトの多くは、これまでの実績やノウハウを駆使して、最高の仕上がりにしてくれます。自社で圧着したハガキを作成するとなると、ノウハウも費用もかかってしまうので、こうしたハガキをアウトソーシングしてしまった方が、企業のコストはかなり軽減できるメリットがあります。これが1つ目のメリットです。また代行業者は、納期に遅れることもなくきちんと仕上げてくれますし、その点安価で提供してくれますので、自社で圧着したハガキを作成するよりも断然クオリティが良いです。これが2つ目のメリットです。以上のように、代行業者に依頼するメリットは、企業のコスト削減とクオリティの良さであります。この2つがあるからこそ、代行業者に依頼するメリットがあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*